コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花祭り

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

花祭り

愛知県の奥三河地方に700年以上前から伝わる神楽五穀豊穣(ほうじょう)、無病息災などを祈りながら、厳冬の時期に夜通し舞が繰り広げられる。「山見鬼」「榊(さかき)鬼」「朝鬼」といった鬼らが登場し、大釜の周りを舞い、その後に湯立て熱湯がまかれる。日照時間が短くなる冬が太陽の力が最も衰えると考えられ、その力を復活させるのが起源とされる。東栄町では十数カ所で行われ、御園地区もその一つ。国の重要無形民俗文化財の指定が始まった1976年、最初に指定された。

(2015-12-13 朝日新聞 朝刊 東京四域・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

花祭り

四月八日は釈迦の生誕の日として、仏教界では花りの行事が行われる。古くは仏生会(ぶっしょうえ)、灌仏会(かんぶつえ)と呼ばれていた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

花祭りの関連キーワードデンマーク・ロイヤル・バレエ団ノートのインフィオラータクイーンビクトリア公園釈迦誕生日〈仏誕節〉振草渓谷県立自然公園灌仏会・潅仏会フォルクローレジェンツァーノ阿波(岡山県)湯立て神楽井上 博文芳賀日出男胎内くぐり安藤 嶺丸一乗京子4月8日安藤嶺丸霜月神楽一乗玲子誕生仏

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花祭りの関連情報