コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花肘木 ハナヒジキ

デジタル大辞泉の解説

はな‐ひじき〔‐ひぢき〕【花肘木】

輪郭線が複雑な刳(く)り形になっている肘木

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はなひじき【花肘木】

装飾的な彫刻を施した肘木。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の花肘木の言及

【建築組物】より

…組物は三手先以上になると間に尾棰(おだるき)がはいる。肘木下端は円あるいは簡単な曲線であるが,ここに複雑な曲線を用いたものを雲肘木(飛鳥時代),花肘木(中世以後)とよぶ。実肘木は繰形(くりかた)がついているのが普通である。…

※「花肘木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花肘木の関連キーワード彫刻