コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花降り銀 ハナフリギン

デジタル大辞泉の解説

はなふり‐ぎん【花降り銀】

江戸時代、灰吹き銀をさらに精錬して得た純度の高い銀。表面に花が開いたような紋様がある。花降り。
江戸時代、加賀藩で鋳造された銀貨。「花降」と刻印されていた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなふりぎん【花降り銀】

灰吹き銀をさらに精錬した純度の高い銀。表面に花形の斑紋がみられた。安土桃山時代、江戸初期には丁銀ちようぎんとして使われた。
加賀藩で鋳造された銀貨。表面に「花降」の極印がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

花降り銀の関連キーワード安土桃山時代江戸時代加賀藩極印斑紋