コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸術社会学 げいじゅつしゃかいがくsociology of art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸術社会学
げいじゅつしゃかいがく
sociology of art

芸術現象を社会学的立場,あるいはマルクス主義的社会科学の立場から考察しようとする学問。芸術現象,特にその歴史を,芸術固有の内面的法則から考察しようとする立場に対して,広く社会現象と考え,その歴史性,階級性を研究する。 H.A.テーヌ,J.M.ギョイヨーなども芸術社会学的立場に属するが,マルクス主義に立脚する W.ハウゼンシュタインによって,初めて芸術社会学の名称とその立場が明確にされ,V.M.フリーチェによってさらに定式化された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

芸術社会学の関連キーワードラヌッチオ ビアンキ・バンディネルリウラディミール フリーチェピエール フランカステルナタリー エニックA. ハウザーフランカステル井上 房一郎文化社会学ハウザー堀野正雄

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android