若州(読み)わかす

精選版 日本国語大辞典「若州」の解説

わか‐す【若州】

〘名〙 新しくできた(す)
※新撰六帖(1244頃)三「みなと河わかすのさきも心せよの舟も近つきにけり〈藤原家良〉」

じゃく‐しゅう ‥シウ【若州】

若狭国別称。現在の福井県西部にあたる。〔黒本本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android