コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若狭国 わかさのくに

6件 の用語解説(若狭国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若狭国
わかさのくに

現在の福井県南西部。北陸道の一国。中国。『旧事本紀』によれば,允恭 (いんぎょう) 天皇の御代に膳 (かしわで) 臣のアレシノミコトが若狭国造として支配したとある。国府は小浜市府中。国分寺は小浜市国分。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わかさ‐の‐くに【若狭国】

若狭

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

若狭国【わかさのくに】

旧国名。若州とも。北陸道の一国。現在の福井県西部。《延喜式》に中国,3郡。中世以後,京都と北陸・山陰を結ぶ要路であった。鎌倉時代は若狭氏,北条一門,室町時代は足利一族,次いで武田氏が守護。
→関連項目朽木荘太良荘中部地方福井[県]保内商人

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

わかさのくに【若狭国】

現在の福井県南西部を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で北陸道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は中国(ちゅうこく)で、京からは近国(きんごく)とされた。国府小浜(おばま)市府中(ふちゅう)、国分寺は同市国分(こくぶ)におかれていた。古代、中世を通じて公家(くげ)および興福寺東寺荘園(しょうえん)が多く、鎌倉時代は稲庭(いなば)氏、津々見(つつみ)氏、北条氏守護となり、南北朝時代には新田(にった)氏と足利(あしかが)氏が争った。室町時代には一色(いっしき)氏、武田氏、戦国時代朝倉氏の支配下におかれた。江戸時代京極氏の支配から酒井氏に代わって定着、幕末に至った。1871年(明治4)の廃藩置県により小浜県、のち敦賀(つるが)県、さらに1876年(明治9)の滋賀県編入を経て、1881年(明治14)に福井県に編入された。◇若州(じゃくしゅう)ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わかさのくに【若狭国】

旧国名。若州。現在の福井県南西部。
【古代】
 北陸道に属する中国(《延喜式》)。北陸道のうち,もっとも畿内に近い国。遠敷(おにゆう),三方(みかた),大飯(おおい)の3郡からなる。このうち大飯郡は825年(天長2)遠敷郡から分立して成立した。国司は守1人,掾1人,目(さかん)1人,史生3人からなる。国府の推定地は遠敷郡(現,小浜市内)。《延喜式》では,調としてアワビ,イカ,イリコ,スシ,イカイ,ホヤマゼズシ,カセ,ノリ,シオなどをおさめることになっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若狭国
わかさのくに

福井県の南西部にあたる旧国名。小浜(おばま)市と三方(みかた)・三方上中(かみなか)・大飯(おおい)の3郡からなる地域。文化財に恵まれ、貝塚、古墳、製塩遺跡、寺社や彫刻類、古文書、民俗芸能にみるべきものが多い。北陸道の一つで中国。国府は小浜市府中に比定。国名の初見は『日本書紀』垂仁(すいにん)天皇3年3月。古代以来塩業と漁業が盛んで、調(ちょう)として塩や諸種の海産物を納め、これらは、ともに中世を通じて発達した。鎌倉時代に津々見忠季(つつみただすえ)が守護になったあと、守護職(しき)は北条氏の得宗領として相伝され、さらに山名、細川、斯波(しば)、一色(いっしき)氏と交代し、1440年(永享12)武田氏にかわり、1570年(元亀1)まで9代続いた。なお、古代・中世には東寺(とうじ)領太良荘(たらのしょう)など著名な荘園が多く置かれた。1573年(天正1)丹羽長秀(にわながひで)が小浜に入り、87年には浅野長政(ながまさ)が若狭一国を与えられた。長政は農民支配の基本原則を示す7か条の条々を発布し、翌年領内の総検地を行った。このときの検地高は8万5000石余で、以後小浜藩の村高の基準とされた。その後木下氏、京極氏とかわり、1634年(寛永11)酒井忠勝(ただかつ)が11万3500石で入封して定着した。領知高には越前(えちぜん)国敦賀(つるが)郡(福井県敦賀市)と近江(おうみ)国高島郡(滋賀県高島市)を含むが、以後若干の変動がみられる。1640年、遠敷(おにゅう)郡新道(しんどう)村(三方上中郡若狭町新道)庄屋(しょうや)松木長操(ちょうそう)が総代となり年貢減免を要求する一揆(いっき)を起こした。長操は52年(承応1)磔刑(たっけい)に処せられたと伝えるが、確たる史料に乏しくなお不明な点が多い。のち1783年(天明3)と1833年(天保4)に大規模な打毀(うちこわし)が起こった。産業は前代からの漁業が盛んで、海産物は熊川宿を通って近江に至る九里半(くりはん)街道で京に運ばれた。そのほか「ころび」とよばれた桐油(きりあぶら)、若狭筆、若狭塗、めのう細工などが著名。藩校は順造館といい1774年(安永3)創立。学者も多く杉田玄白(げんぱく)、中川淳庵(じゅんあん)、伴信友(ばんのぶとも)などは小浜藩士だった。維新後、小浜、敦賀、滋賀県を経て1881年(明治14)越前と合併して福井県となる。地誌に『拾椎(しゅうすい)雑話』『稚狭(わかさ)考』、信友の『若狭旧事考』などがある。[隼田嘉彦]
『『福井県史』全3巻(旧版・1920~21・福井県) ▽福井県郷土誌懇談会編『若狭漁村史料』(1963・福井県立図書館) ▽『小浜市史』13巻・付録(1987~98・小浜市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若狭国の関連キーワード岩代石見安房磐城駿河筑後筑前若狭鯖街道大飯〈町〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若狭国の関連情報