苦労性(読み)クロウショウ

  • くろうしょう クラウシャウ
  • くろうしょう〔クラウシヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]小さいことまで気にかけて心配する性質。また、そのさま。「見掛けによらず苦労性な男」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) つまらないことまで気にかけて、あれこれと心配する性質。また、そのような人や、そのさま。
※洒落本・傾城買二筋道(1798)夏の床「ぬしは見かけによらねへ、いっそくろうせうだね」
※道(1962)〈庄野潤三〉二「私、苦労性に生れついている割に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android