傾城買二筋道(読み)ケイセイカイフタスジミチ

世界大百科事典 第2版の解説

けいせいかいふたすじみち【傾城買二筋道】

洒落本。1冊。梅暮里谷峨(うめぼりこくが)作。1798年(寛政10)刊。遊里の遊び2種を対照的に描く。〈夏の床〉では,浮気でうぬぼれの色男が結局遊女に愛想づかしをされることを,〈冬の床〉では,嫌われていた醜い中年男の誠実がついに女の心をとらえる次第を,それぞれ描く。山東京伝の《傾城買四十八手》の描写方法を踏襲しているが,両章を通じて誠実な真情の尊さを強調するところに意図があり,〈冬の床〉の主人公文里(ぶんり)には,洒落本における新しい通人の造型が見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいせいかいふたすじみち【傾城買二筋道】

洒落本。一冊。梅暮里谷峨うめぼりこくが作。1798年刊。浮気な色男が愛想尽かしをされる「夏の床」と、中年の醜男が女の心をとらえる「冬の床」を対照的に描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

傾城買二筋道
けいせいかいふたすじみち

洒落本(しゃれぼん)。1冊。梅暮里谷峨(うめぼりこくが)著。雪華画。1798年(寛政10)刊。書名は自序に「遊冶郎(いろをとこ)の乖功(ゆきすぎ)は醜夫(ぶをとこ)の温柔(うちば)には猶(なほ)及ばざるがごとし」とあり、遊里における行きすぎと誠実の二筋を描く意である。2部に分かれ、「夏の床」はきざでずうずうしい色男が結局遊女に振られ、「冬の床」は中年の醜男文里(ぶおとこぶんり)が、3年越しに嫌い抜かれていたなじみの遊女一重(ひとえ)の心を、その誠実さからつかんで深い仲となるというもので、通(つう)を描く従来の洒落本と違って、遊里における真情の勝利を描いたものとして、以後の洒落本の作風を決定した作品である。「夏の床」の内容は、後編『廓(さと)の癖(くせ)』(1799)、三編『宵(よい)の程(ほど)』(1800)に至って完結している。[神保五彌]
『水野稔校注『日本古典文学大系59 黄表紙・洒落本集』(1958・岩波書店) ▽中野三敏他校注『日本古典文学全集47 洒落本・滑稽本・人情本』(1971・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けいせいかいふたすじみち ‥かひふたすぢみち【傾城買二筋道】

洒落本。一巻一冊。梅暮里谷峨(うめぼりこくが)作・雪華画。寛政一〇年(一七九八)刊。好男子のうぬぼれ男と、誠実な醜男(ぶおとこ)との遊女に対する二様の態度を写し、後者がついには遊女に愛されるにいたるいきさつを描く。「傾城買四十八手」の影響を受け、男女の実意実情を描いた内容は後の人情本発生に影響を与える。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android