コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦悩のなかを行く くのうのなかをいく Khozhdeniye po mukam

1件 の用語解説(苦悩のなかを行くの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苦悩のなかを行く
くのうのなかをいく
Khozhdeniye po mukam

ソ連の作家 A.N.トルストイ長編小説。革命を生抜いた知識人の苦難の物語。 1920~41年まで約 20年間にわたり執筆。3部から成り,第1部『姉と妹』 Sestry (1921) は,美しい姉妹ダーシャとカーチャ,その父や技師ら退廃的な生活にひたる知識人たちが,革命の嵐のなかに放り込まれ,そろって反革命の陣営に加わるまでを,第2部『1918年』 Vosemnadtsatyi god (27~28) は,国中の崩壊とアナーキスト,マフノの反乱,白軍との激闘などの革命的混乱,そして第3部『灰色の朝』 Khmuroe utro (41) は,廃虚と試練のなかで生命や思想の危機を乗越えた主人公たちがついに再会し,新しい生活を受入れようとするまでを描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苦悩のなかを行くの関連キーワード中編小説長編小説トルストイアン運命の息子海底の麻薬ストリップ・ティーズビセートルの環フェルショー家の兄ピストルズトルストイの客死

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone