コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦渋 クジュウ

デジタル大辞泉の解説

く‐じゅう〔‐ジフ〕【苦渋】

[名・形動]
にがくてしぶいこと。
苦しみ悩むこと。また、そのさま。「苦渋を味わう」「苦渋の色を浮かべる」
「彼は―な表情のままじっと煙草を吸っていたが」〈横光・上海〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くじゅう【苦渋】

( 名 ) スル
苦しみなやむこと。物事が思いどおりに行かず、苦しくつらい思いをすること。 「 -の色を浮かべる」 「 -に満ちた顔」 「難問をかかえて-している」 〔同音語の「苦汁」は苦い経験のことであるが、それに対して「苦渋」は物事が思いどおりに行かず苦しみ悩むことをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

苦渋の関連キーワード什・住・充・十・従・從・戎・拾・柔・汁・渋・澁・獣・獸・絨・縦・縱・蹂・重・銃久・九・供・区・區・口・句・工・懼・狗・矩・苦・躯・軀・駆・駒・驅クライン(Abraham Moses Klein)ベリマン(John Berryman)エミール・M. シオランエリセーエフ セルゲイアングリー・ヤングメン非ユークリッド幾何学エルンスト ワイスホームリキュールオーストリア文学シャンフォールモンゴル(国)イタリア演劇苦汁を嘗めるアルゲージ紫式部日記マラマッドモンターレラブレー

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苦渋の関連情報