コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英賀保 あがほ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

英賀保
あがほ

兵庫県南部,姫路市南西部,夢前川下流東岸の地区。旧村名。 1936年旧飾磨町に編入。 46年から姫路市の一部。『播磨風土記』の英賀の里で,戦国時代三木氏が英賀城を構えたが羽柴秀吉に攻略されて没落。 1937年西隣の広畑に製鉄所が進出するに及んで工業化が進み,農村風景は急速に姿を消した。英賀御堂は播磨本願寺の拠点。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

英賀保の関連情報