コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広畑 ひろはた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広畑
ひろはた

兵庫県姫路市南部,夢前川河口西岸の地区。旧町名。 1946年姫路市に編入。播磨工業地域の中心で,鉄の町として知られる。 1937年広大な埋立て地製鉄所が立地したのに伴い,河川のつけ替え,人工港広畑港の建設が行われ,周囲に製鉄一貫工場が進出するに及んで製鉄工業地区となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

広畑【ひろはた】

兵庫県姫路市南西部,夢前(ゆめさき)川右岸一帯の地区。江戸時代に干拓された湿田地帯に,1937年日本製鉄の大製鉄所が建設され,以来播磨(はりま)工業地帯の中心として発展。
→関連項目飾磨

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひろはた【広畑】

兵庫県南西部,姫路市の臨海地区。夢前(ゆめさき)川の河口西岸にあり,新日本製鉄広畑製鉄所の所在地で,播磨工業地域の中心をなす。1937年に日本製鉄の製鉄所の立地が決まる以前は水田地帯にすぎなかったが,江戸時代に開かれた広大な新田が地盤,用水,輸送などの点で製鉄所の建設に好適であったため,日本初の本格的消費地立地型製鉄所が建設されることになった。夢前川の付替え,広畑港の開削と海面埋立てが行われ,東西3km,南北1.5kmの工場用地に最新鋭の銑鋼一貫工場が出現した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広畑
ひろはた

兵庫県南部、姫路市の一地区。旧広畑町。夢前(ゆめさき)川右岸の三角州に位置する。山陽電鉄網干(あぼし)線、国道250号が通じる。山陽電鉄以南は近世の新田で、かつては純農村地帯であったが、1937年(昭和12)日本製鉄(現、新日鉄住金)広畑製鉄所の建設で大きく変貌(へんぼう)した。社宅建設とともに農地の宅地化が進み、第二次世界大戦後はいっそう顕著となった。2003年(平成15)広畑地区は構造改革特区として「環境・リサイクル経済特区」の認定を受け、環境産業創出拠点としての活動を開始している。[大槻 守]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

広畑の関連キーワード桜川(茨城県南部)新日本製鉄(株)新日本製鉄[株]新日本製鐵[株]日本製鉄[株]天之御中主神姫路[市]ロビンソンストレンジ金沢嘉兵衛新日本製鐵稲敷(市)姫路(市)蔦 文也姫路若菜白鷺の城富士製鉄鶴田義行英賀保レルヒ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広畑の関連情報