コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

范雎 ハンショ

デジタル大辞泉の解説

はん‐しょ【范雎】

中国、戦国時代宰相。初めに仕えたが、異心があると疑われて秦に逃れ、昭襄王に仕えて、遠交近攻の策を献じた。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんしょ【范雎】

中国、戦国時代の秦の宰相。紀元前三世紀頃の魏の人。魏に仕えたが、異心ありと疑われ、秦に逃れて昭王に仕え、遠交近攻策を説き丞相じようしようとなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

范雎の関連キーワード危うきこと累卵の如し累卵の危うき睚眥の怨み館を捐つ一飯の恩綈袍恋恋一飯の徳戦国策白起晏駕范睢昭王丞相

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android