范雎(読み)ハンショ

大辞林 第三版の解説

はんしょ【范雎】

中国、戦国時代の秦の宰相。紀元前三世紀頃の魏の人。魏に仕えたが、異心ありと疑われ、秦に逃れて昭王に仕え、遠交近攻策を説き丞相じようしようとなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android