昭王(読み)しょうおう(英語表記)Zhao-wang; Chao-wang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭王
しょうおう
Zhao-wang; Chao-wang

中国,西周第4代の王。康王の子。名は (か) 。『史記』などによれば,このとき王道が衰微し,昭王が南方巡狩した際,揚子江上で死んだとされる。また王を憎んだ者がにかわ張りの船に乗せて,侯とともに漢水溺死せしめたという伝説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の昭王の言及

【遠交近攻】より

…中国,戦国末の秦の外交政策。魏の人范雎(はんしよ)が考案し,秦の昭王(在位,前307‐前251)に進言したもの。秦にとって斉のような遠い国とは友好関係を結び,魏など近隣の国からまず攻撃を加え,近隣の国を下して漸次遠国を征服するという,いわば外交・軍事両面併用の策である。…

※「昭王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android