コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠交近攻 えんこうきんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠交近攻
えんこうきんこう

中国の戦国時代に范 睢 (はんしょ) の唱えた外交政策で,遠い国と親しく交際を結んでおいて,近い国々を攻め取ること。かつてのイギリス日英同盟などは強大な帝政ロシアに対抗するための遠交政策であり,イギリスの外交政策には一貫してみられるものであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えんこう‐きんこう〔ヱンカウ‐〕【遠交近攻】

遠い国と親交を結び、近い国を攻める外交政策。中国の戦国時代に、魏(ぎ)の范雎(はんしょ)が唱えたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えんこうきんこう【遠交近攻 yuǎn jiāo jìn gōng】

中国,戦国末の秦の外交政策。魏の人范雎(はんしよ)が考案し,秦の昭王(在位,前307‐前251)に進言したもの。秦にとって斉のような遠い国とは友好関係を結び,魏など近隣の国からまず攻撃を加え,近隣の国を下して漸次遠国を征服するという,いわば外交・軍事両面併用の策である。当時,秦の東進にともなって列国間では合従(がつしよう)や連衡などの外交策がめまぐるしく展開された(合従連衡)が,秦は遠交近攻策を採用して着実に地歩をかため,統一に向かって大きく前進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えんこうきんこう【遠交近攻】

〔史記 范雎伝
遠い国と親しくして、近くの国々を攻める政策。中国の戦国時代に魏の范雎はんしよの唱えた外交政策で、秦しんがこれを採用した。遠きに交わりて近きを攻む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠交近攻
えんこうきんこう

中国、紀元前270年、戦国時代秦(しん)の昭襄(しょうじょう)王(在位前306~前251)のとき、魏(ぎ)の人范雎(はんしょ)が進言した外交政策。『戦国策』や『史記』によれば、范雎は、隣国を越えて遠方の国を攻める秦の対外政策には効果がなく、逆に遠方の国とよしみを結び、隣国を攻めるべきことを説いた。昭襄王はこれに従い斉(せい)、燕(えん)、楚(そ)への攻撃をやめ、韓(かん)、魏、趙(ちょう)の3国を攻撃した。のち秦は始皇帝の代に同様に韓、魏、趙の3国を討ったあと、楚、燕、斉を滅ぼし天下を統一することになる。[鶴間和幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遠交近攻の関連情報