茶利敵(読み)チャリガタキ

大辞林 第三版の解説

ちゃりがたき【茶利敵】

歌舞伎の役柄の一。滑稽な敵役。忠臣蔵の、鷺坂伴内など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゃり‐がたき【茶利敵】

〘名〙 こっけい味を帯びた敵役(かたきやく)。敵役で、道化をかねたもの。半道敵(はんどうがたき)。「仮名手本忠臣蔵」の鷺坂伴内がこれにあたる。
※浄瑠璃・花襷会稽掲布染(1774)二「誰見立てもちゃり敵、智恵と愛気はけし程もない癖のさばる高慢の鼻」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android