茶目(読み)チャメ

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐め【茶目】

[名・形動]無邪気な子供っぽいいたずらをすること。また、そのような人や、そのさま。おちゃめ。「茶目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃめ【茶目】

( 名 ・形動 )
子供っぽい、愛敬のあるいたずらをする・こと(さま)。また、それの好きな人やそうした性質。 「 -をやる」 「お-な人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の茶目の言及

【虹彩】より

…目の色はこれによる。色素を含み,日本人の場合,茶褐色であるため,茶目とも呼ばれる。虹彩は,虹彩表面,虹彩実質,虹彩色素上皮からなる。…

※「茶目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶目の関連情報