コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶目 チャメ

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐め【茶目】

[名・形動]無邪気な子供っぽいいたずらをすること。また、そのような人や、そのさま。おちゃめ。「茶目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃめ【茶目】

( 名 ・形動 )
子供っぽい、愛敬のあるいたずらをする・こと(さま)。また、それの好きな人やそうした性質。 「 -をやる」 「お-な人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の茶目の言及

【虹彩】より

…目の色はこれによる。色素を含み,日本人の場合,茶褐色であるため,茶目とも呼ばれる。虹彩は,虹彩表面,虹彩実質,虹彩色素上皮からなる。…

※「茶目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

茶目の関連キーワードベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第6番 ヘ長調/piano solo助高屋 小伝次(2代目)金原亭 馬生(8代目)目のしくみとはたらき剛殺NOBUOおちゃっぴい吉本菜穂子村田 英雄一路真輝藤原行成茶目っ気細川興文野口浩作芝全交御茶目虹彩愛敬

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶目の関連情報