低い(読み)ヒクイ

デジタル大辞泉「低い」の解説

ひく・い【低い】

[形][文]ひく・し[ク]

㋐物が地面などから空間的に近い位置にある。「鳥が―・く飛ぶ」「雲が―・く垂れ込める」「天井の―・い部屋」⇔高い
㋑垂直方向への伸びぐあいが小さい。基準となる面からの出っ張りが小さい。「背が―・い」「鼻が―・い」「―・いかかと」「―・い姿勢」⇔高い
音量が少ない。また、音声の振動数が少ない。音域が下である。「スピーカーの音を―・くする」「男性の―・い声」⇔高い

㋐物事の程度が、他よりも下である。また、水準以下である。「―・い地位に甘んじる」「不当に―・く評価される」「政治に対する関心が―・い」「人間の程度が―・い」⇔高い
㋑現実的で、理想を求めるなどの意欲に欠ける。また、俗っぽい。「志が―・い」「望みが―・い」「話の次元が―・い」⇔高い

㋐数値・数量が小さい。また、比率・割合が小さい。「水温が―・い」「犯罪年齢が―・くなる」「回答率が―・い」⇔高い
㋑金額が小さい。また、全体の金額に対する支払うべき費用などの割合が小さい。「賃金が―・い」「コストを―・くおさえる」⇔高い
[派生]ひくさ[名]
[類語](1㋑)小さい小さめ矮小わいしょう寸足らずちんちくりんしょう小さなちっちゃいちっぽけ細かい微小微細細微細密緻密ちみつ細か小振り小形小柄小作り小粒豆粒芥子けし群小最小小規模細細ほそぼそ零細ちんまりこぢんまりちまちまミニ/(3㋐)下等下級低級低位低次低次元低劣取るに足りない/(4小さい少ない・小さめ・少なめ低度低調少し少しく少少ちょっとちょいとちとちっとちょっぴりいささかいくらかいくぶんやや心持ち気持ち多少若干二三少数少量僅僅わずか数えるほどたったただたかだかしばらくなけなし手薄内輪軽少軽微微弱微微微少僅少些少最少微量ちびちび一つまみ一握り一抹一息紙一重雀の涙鼻の差残り少ないちょこっとちょこんとちょっこりちょびちょびちょびっとちょぼちょぼちょろりちょんびりちょんぼりちらり爪の垢小口ささやか寸毫プチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android