コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低い ヒクイ

2件 の用語解説(低いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひく・い【低い】

[形][文]ひく・し[ク]

㋐物が地面などから空間的に近い位置にある。「鳥が―・く飛ぶ」「雲が―・く垂れ込める」「天井の―・い部屋」⇔高い
㋑垂直方向への伸びぐあいが小さい。基準となる面からの出っ張りが小さい。「背が―・い」「鼻が―・い」「―・いかかと」「―・い姿勢」⇔高い
音量が少ない。また、音声の振動数が少ない。音域が下である。「スピーカーの音を―・くする」「男性の―・い声」⇔高い

㋐物事の程度が、他よりも下である。また、水準以下である。「―・い地位に甘んじる」「不当に―・く評価される」「政治に対する関心が―・い」「人間の程度が―・い」⇔高い
㋑現実的で、理想を求めるなどの意欲に欠ける。また、俗っぽい。「志が―・い」「望みが―・い」「話の次元が―・い」⇔高い

㋐数値・数量が小さい。また、比率・割合が小さい。「水温が―・い」「犯罪年齢が―・くなる」「回答率が―・い」⇔高い
㋑金額が小さい。また、全体の金額に対する支払うべき費用などの割合が小さい。「賃金が―・い」「コストを―・くおさえる」⇔高い
[派生]ひくさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひくい【低い】

( 形 ) [文] ク ひく・し
〔「ひきし」の転。室町末期以降の語〕
空間的に基準面よりかなり下にある。
物の下端から上端までの差が小さい。 「背の-・い人」 「 - ・い机」 「 - ・い丘」
下の方に位置している。 「 - ・い天井」 「飛行機が地上すれすれに-・く飛ぶ」
前方への突き出し方が少ない。 「鼻が-・い」
音量が小さい。 「ラジオの音を-・くする」
音程が下である。 「男の-・い声」
序列・価値が下位にある。
地位・格式などが下位である。 「身分が-・い」 「 - ・い家格」
教養・能力などが劣っている。 「知能が-・い」 「 - ・い能力」
品位・品格が劣っている。 「格調が-・い」
志向が低俗である。 「志が-・い」 「 - ・いレベルでの議論」
数量的に少ない。
金銭的に額が少ない。 「料金が-・い」 「 - ・いコスト」
量や程度を数値で表した時、その数値が小さい。 「血圧が-・い」 「 - ・い点数」 「精度が-・い」
▽↔ 高い
[派生] -さ ( 名 )
[慣用] 頭が- ・腰が- / 辞を低くする
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

低いの関連キーワード重たい焦げ臭い酸い柔い聡い拗ねいとろ・いひくつ・くみともな・い

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

低いの関連情報