片恋(読み)かたこい

精選版 日本国語大辞典「片恋」の解説

かた‐こい ‥こひ【片恋】

[1] 〘名〙 一方の側からだけ異性しく思うこと。自分を思ってくれない人を恋すること。一方的な恋。片思い。⇔諸恋(もろごい)
万葉(8C後)一七・三九二九「旅にして君しもつぎて夢(いめ)に見ゆ吾(あ)が加多孤悲(カタコヒ)(しげ)ければかも」
[2] 翻訳小説。二葉亭四迷訳。明治二九年(一八九六)刊。原作はツルゲーネフの「アーシャ」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「片恋」の解説

かたこい【片恋】[書名]

二葉亭四迷の翻訳小説。明治29年(1896)刊。ツルゲーネフの中編「アーシヤ」(1858年作)が原作。

かた‐こい〔‐こひ〕【片恋】

一方だけが恋い慕うこと。片思い。
[補説]書名別項。→片恋
[類語]恋愛愛恋あいれん恋情れんじょう恋慕れんぼ思慕しぼ眷恋けんれん色恋いろこい慕情ぼじょう恋心初恋狂恋悲恋片思い岡惚れ横恋慕失恋ラブアムールアモーレロマンス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android