茶通箱点(読み)さつうばこだて

精選版 日本国語大辞典の解説

さつうばこ‐だて【茶通箱点】

〘名〙 茶通箱を床に飾り、また、これを用いて点茶する作法。二種の濃茶(こいちゃ)を同時に客にすすめる時の点前に用いる。この点前は茶道伝授物の一つとなっているところから、茶通箱伝(さつうばこでん)という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android