茶酒論(読み)ちゃしゅろん(英語表記)Chá jiǔ lùn

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃしゅろん【茶酒論 Chá jiǔ lùn】

中国,唐代の進士王敖(おうごう)撰。1巻。開宝3年(970)写本などを,大英図書館(スタイン本)やパリ国民図書館(ペリオ本)で見ることができる。茶と酒とがこもごも出てきて,それぞれの徳を述べ,最後に水が出てきて仲裁しめでたく納めるという内容。短編ながら,日本の文芸にも少なからぬ影響を及ぼした。その一つ,《酒茶論》は,妙心寺53世蘭叔玄秀の作。花間に筵を開いて酒を飲む忘憂君(ぼうゆうくん)と,松辺に茶を喫する滌煩子(じようはんし)とが,交互にその徳を述べ論じ合い,勝負なしでめでたく納まるという内容。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の茶酒論の言及

【酒】より

…王羲之の蘭亭の会で行われたように,水面を流れくだってくる觴(さかずき)をすくいとりつつ詩をよみ,よみえぬときには罰として大杯についだ酒をほさせる〈曲水流觴(きよくすいりゆうしよう)の宴〉もはじまり,9月9日の重陽(ちようよう)の節供に岡にのぼって野宴をひらき,菊の花を酒にうかべてくみかわす風習は,がんらい邪気ばらいを目的とするものであったが,〈九日〉や〈登高〉の詩題のもとにかっこうの詩の題材となった(曲水の宴)。また茶と酒がそれぞれ功をほこりあって争い,水が仲裁にはいる筋だての《茶酒論》なる戯文学が敦煌写本の一つとして伝わっている。 唐代における各地方の銘酒の名は《唐国史補》にあげられ,ブドウ酒など一部のものをのぞいて中国古来の黄酒系の酒でしめられている。…

【酒茶論】より

…異類のものが互いに優劣を争う戯作文学の一類型で,飲みものの雄である酒(上戸)と茶(下戸)の論争である。古くは中国晩唐の作と推定される《茶酒論》がある。日本では同名の作品が2編ある。…

※「茶酒論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android