コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草の根 クサノネ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐の‐ね【草の根】

隠れて見えない草の根もと。
grass roots》民衆ひとりひとり。一般大衆。政党・結社などの指導者層に対していう語。「草の根運動」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くさのね【草の根】

草の根もと。かくれて見えないところ。
議会や政党・労働組合などの組織に属さない一般人。民衆。グラス-ルーツ。 「 -の反核運動」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

草の根の関連キーワード原爆供養塔/忘れられた遺骨の70年ティーパーティー(茶会)カタヤマガイ(片山貝)ティーパーティー運動ウォール街占拠運動纏はる・纒はるOpenNap草を分けて探すムスリム同胞団コブハクチョウ草の根民主主義行革国民会議草の根ネットグラスルーツ大衆民主主義通信システム玄海人クラブサムルノリクサボタルリサイクル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草の根の関連情報