草木染手組組紐(読み)くさきぞめてくみくみひも

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

草木染手組組紐[繊維・刺繍]
くさきぞめてくみくみひも

近畿地方、滋賀県の地域ブランド。
大津市で製作されている。江戸時代中期に、刀の下げ緒などの組み紐づくりから発展した。材料には絹糸を使用し、天然染料草木染めがおこなわれる。滋賀県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android