コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津市 おおつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大津〔市〕
おおつ

滋賀県南西部,琵琶湖南西岸に広がる市。県庁所在地。1898年市制。1932年滋賀村,1933年膳所町,石山町の 2町,1951年坂本村,下阪本村,雄琴村,大石村,下田上村の 5村,1967年堅田町,瀬田町の 2町,2006年志賀町を編入。天智6(667)年天智天皇が近江大津宮を造営して遷都。その所在地は西部の南滋賀付近と推定されている。中心市街地の大津は平安時代は京都の外港,琵琶湖水運の要津,園城寺(三井寺)の門前町として繁栄。中世末期は京極氏の城下町となり,江戸時代は東海道の宿場町,湖上交通の要地,米相場の立つ商業経済の中心地として栄えた。江戸時代に大津城は廃止となり,膳所城が築かれ,城下町は膳所に新設された。今日,浜大津は観光基地,膳所は住宅地,石山付近は工場地帯をなし,レーヨン,電機,紡績などの工場が立地。1960年代から南北の郊外,西の丘陵や瀬田に住宅地が拡大。延暦寺日吉大社,園城寺,石山寺近江神宮建部神社など由緒ある社寺があり,多くの史跡,名勝,文化財をもつ。比叡山,堅田,瀬田などの景勝地も多く,近江八景のうち七つが含まれる。市の北方は朽木・葛川県立自然公園に,南方は三上・田上・信楽県立自然公園に,湖岸一帯は琵琶湖国定公園にそれぞれ属する。JR東海道本線,湖西線,京阪電気鉄道の石山坂本線および京津線,名神高速道路,国道1号線,161号線,367号線,422号線,477号線が通る。面積 464.51km2。人口 34万973(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおつ‐し〔おほつ‐〕【大津市】

大津

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大津市の関連キーワード滋賀県大津市上田上大鳥居町滋賀県大津市膳所雲雀が丘町滋賀県大津市葛川木戸口町滋賀県大津市膳所池ノ内町滋賀県大津市膳所上別保町滋賀県大津市上田上芝原町滋賀県大津市葛川梅ノ木町滋賀県大津市上田上新免町滋賀県大津市上田上中野町滋賀県大津市上田上平野町滋賀県大津市雄琴千野町滋賀県大津市葛川坂下町滋賀県大津市葛川貫井町滋賀県大津市雄琴苗鹿町滋賀県大津市葛川細川町滋賀県大津市田上関津町滋賀県大津市葛川町居町滋賀県大津市田上稲津町滋賀県大津市田上石居町滋賀県大津市田上羽栗町

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大津市の関連情報