草束ね(読み)クサタバネ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐たばね【草束ね】

女性の髪形の一。油をつけず、飾りもなしで束ねるもの。精進髷(しょうじんまげ)。
簡単に結う島田髷。享和年間(1801~1804)に京都の祇園の遊女の間で流行。島田くずし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草束ねの関連情報