祇園(読み)ギオン

デジタル大辞泉 「祇園」の意味・読み・例文・類語

ぎ‐おん〔‐ヲン〕【祇園】

《「祇樹給孤独園ぎじゅぎっこどくおん」の略》中インド舎衛しゃえ国にあった祇陀ぎだ太子の林苑。のち、給孤独と称された須達しゅだつ長者が買い求めた。祇陀林給孤独園。給孤園。
祇園精舎」の略。
京都祇園社(現在の八坂やさか神社)。
京都市東山区の八坂神社を中心とする一帯。鴨川から東の、四条通りの南北両側を占め、近世初期以来の花街。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「祇園」の意味・読み・例文・類語

ぎ‐おん‥ヲン【祇園】

  1. [ 1 ]
    1. [ 一 ] ( 祇樹給孤独園(ぎじゅぎっこどくおん)の略で、祇樹は祇陀太子(ぎだたいし)が施入した樹園の意。給孤独は須達長者(すだつちょうじゃ)の異称 ) 仏語。中インドの舎衛国(しゃえこく)にあった、祇陀太子の園。祇陀林(ぎだりん)。給孤園(ぎっこおん)。給孤独園。
    2. [ 二 ]ぎおんしょうじゃ(祇園精舎)」の略。
      1. [初出の実例]「祇園に誦経したりけるを伝得候也云云」(出典:古事談(1212‐15頃)二)
    3. [ 三 ]ぎおん(祇園)の神」の略。
    4. [ 四 ] 京都市東山区の祇園社(祇園感神院)の略称。また、それを改称した今の八坂神社の通称。祇園さん。
      1. [初出の実例]「同道にて都にのぼり、祇園(ギオン)清水嵯峨あたご」(出典:浮世草子・傾城色三味線(1701)江戸)
    5. [ 五 ] [ 四 ]の付近の地名。また、その地の遊里呼称。初め祇園村と称したが、近世初期以来、祇園社西門前から大和大路(縄手通)に至る四条通の両側、および南門前を祇園町と称し、祇園新地をも含めて広く祇園という。近世初頭から水茶屋茶立女が置かれ、茶屋での密淫売が絶えなかったが、寛政二年(一七九〇公許を得て京都の代表的な遊里となった。祇園町。
  2. [ 2 ] 〘 名詞 〙ぎおんえ(祇園会)」の略。
    1. [初出の実例]「夜中ばかりに大蛇案のごとく来れり。頭は祇園の獅子に似たり」(出典:十訓抄(1252)一〇)

ぎおんギヲン【祇園】

  1. 姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「祇園」の意味・わかりやすい解説

祇園 (ぎおん)

京都市東山区内の地名で,八坂神社(通称,祇園)と祇園町,祇園新地や周辺の祇園廻りなど一帯の総称。〈祇園〉の語は仏教でいう〈祇樹給孤独園(ぎじゆぎつこどくおん)〉〈祇園精舎(ぎおんしようじや)〉に発するが,当該の地名としては,いわゆる御霊(ごりよう)信仰の弘通と,八坂郷の鎮守であった祇園社(八坂神社の旧称)の発展に応じて,平安時代の半ばころから用いられるようになり,人々に近しくなった。このあたりの地は祇園社領として,平安時代末期より門前町化の萌芽を示していたが,鎌倉時代に入ると祇園社の南(正面に当たる下河原,八坂の方面)と西(西大門に面する四条通の方面)とを中心にしだいに市街地化しはじめ,ことに西方での人家の増加がいちじるしかったようである。《百錬抄》の寛元1年(1243)1月4日条によると〈祇園西大門前大路在家南北両面〉の大火で〈数百家〉が焼失したという。その後は,あいつぐ戦乱にもまれて衰微を余儀なくされ,多くは田畑地と化し,市街地としての再興は江戸時代初期における茶屋,水茶屋,旅籠(はたご)などを主とする再開発をまたねばならなかった。
執筆者: 祇園社,円山,清水寺などへの道筋に当たるため,この地域には近世初期から茶屋,水茶屋があった。慶長年間すでに祇園社境内の遊女が問題になったこともあり,元和以降茶立女も見られた。町並はまず四条通に面した祇園町北側,同南側などに始まり,寛文期に入って本格的な開発が行われるようになった。すなわち,1670年(寛文10)ごろには大和大路沿いに三条方面から町並が南下,四条通南の団栗(どんぐり)の辻子(ずし)までの間に〈祇園外六町(そとろくちよう)〉が形成され,1713年(正徳3)には白川沿いに町地が造成されて〈祇園内六町〉が出現した。四条河原にあった芝居小屋もすべて外六町のうちの〈中之町(なかのちよう)〉に移り,元禄期には四条通をはさんで5棟の芝居小屋が立ち並んだ。こうして茶屋,水茶屋,旅籠屋などに芝居町を合わせて,一大遊興地帯となった祇園の繁盛は,公許の島原遊廓をしのぐほどになった。祇園豆腐や祇園香煎(こうせん)などの名物も生まれ,〈一力茶屋(いちりきぢやや)〉として《仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゆうしんぐら)》に登場して人口に膾炙かいしや)した〈万亭(まんてい)〉のような茶屋もある。明治になって祇園は甲部と乙部に分かれ,膳所裏(せぜうら)と呼ぶ一区域を除いた祇園甲部は,日本で最も格式の高い花街とされ,その温習会である〈都をどり〉は陽春の京都の景物となっている。舞妓という呼称も祇園だけのものと錯覚されるほどであるが,そうした憧憬のごとき感覚の形成にとって,吉井勇の歌集《酒ほがひ》や長田幹彦の小説《祇園夜話》や歌謡曲《祇園小唄》の果たした役割も忘れることができない。
祇園信仰
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「祇園」の意味・わかりやすい解説

祇園
ぎおん

京都市東山区の一地区。四条通が東山山麓の東大路に突当るところにある八坂神社の西門前から西は鴨川までの四条通南北一帯をさす。地名は八坂神社がかつて祇園社と呼ばれたことに由来。祇園社は貞観 18 (876) 年の創建と伝えられ,鎌倉時代に鳥居前町が発達したが,応仁の乱後衰退。江戸時代初期から再び祇園社や清水寺などの参詣者を相手に茶屋が並びはじめ,中期には遊里として認められ,以後歓楽街として発展。現在も茶屋,料亭,バーなどが多い。京都では八坂神社を「祇園さん」,茶屋町を「祇園町」と呼び分けることもある。大みそかの夜から元旦にかけて八坂神社に詣でる「おけら詣り」や,7月の祇園祭でにぎわう。

祇園
ぎおん

広島市中部,安佐南区の一地区。旧町名。 1972年広島市に編入。太田川放水路の西にあり,広島の住宅地化を最も早く受けたところの一つ。かつて野菜栽培や酪農の盛んな近郊農業地域であったが,造船所関連の企業や工場が進出。現在は市街地化している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報