草野球(読み)くさやきゅう

精選版 日本国語大辞典「草野球」の解説

くさ‐やきゅう ‥ヤキウ【草野球】

〘名〙 素人が集まってする野球。
※楡家の人びと(1964)〈北杜夫〉二「凧あげとか草野球にかなり真剣に興じていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「草野球」の解説

くさ‐やきゅう〔‐ヤキウ〕【草野球】

素人(しろうと)が集って、楽しみとしてする野球

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の草野球の言及

【軟式野球】より

…第2次大戦後の46年全日本軟式野球連盟Amateur Rubber‐Ball Baseball Association of Japanが結成され,この年から毎年全日本大会を開催,また国民体育大会の正式種目になった。東アジアを中心に国際普及も進められており,また〈草野球〉と称して地域ごとの大会や同一企業内の対抗戦なども盛んに行われている。 軟式野球のルールは硬式と変りないが,ボールのバウンドがよく,しかもバットで打ったとき硬球に比べボールの変形が著しく,いろいろな変化をおこすので,独特の技術を要する。…

※「草野球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android