素人(読み)しろうと

精選版 日本国語大辞典「素人」の解説

しろ‐うと しら‥【素人】

〘名〙 (「しらひと」の変化した語)
① ある物事に経験の浅い人。技芸などに熟達していない人。あるいは、そのことを職業・専門としていない人。しらびと。しろと。⇔くろうと
※風姿花伝(1400‐02頃)七「ただしらうとの老人が、風流(ふりう)・延年(えんねん)なんどに身を飾りて、舞い奏でんが如し」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「医者さまの方じゃア、代脉でも承知だらうが、素人(シロウト)の目からは安堵しねへものよ」
② 芸妓・娼婦などの商売女に対して、ふつうの女性をいう。しろうとおんな。しろとおんな。しろと。⇔くろうと
※談義本・当風辻談義(1753)五「兎角近年は、素人(シロフト)がそれしゃの真似したがる」
③ 江戸時代、京や大坂で私娼の異称。白人(はくじん)。しろと。しろとおんな。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「かくとは如何(いか)でしろうとの、田舎の客に揚げられて」

しろ‐と【素人】

〘名〙
※浮世草子・好色万金丹(1694)二「ゑりつきになびく君じゃものを、なさけごかしは愚者(シロト)のむかし」
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉四五「恐ろしい男の顔をも素人(シロト)の厭ふほど厭ふことなく」

しら‐ひと【素人】

〘名〙 =しろうと(素人)
※古今著聞集(1254)一二「まづおぼしめし候へ。ただのしら人が、強盗とみづから名乗て、命をまかせ参らせて、何のせんか候べき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「素人」の解説

しら‐びと【素人】

しろうと」に同じ。
「ただの―が強盗とみづから名乗りて」〈著聞集・一二〉

しろ‐うと【素人】

《「しろひと(白人)」の音変化》
その事に経験が浅く、未熟な人。その道で必要な技能や知識をもっていない人。また、その事を職業・専門としていない人。「素人とは思えぬみごとな芸」「素人考え」⇔玄人(くろうと)
芸者・娼妓などの商売で客の相手をする女性に対して、一般の女性。堅気の女性。⇔玄人(くろうと)
近世、上方で、私娼のこと。
「かくとはいかで―の、田舎の客に揚げられて」〈浄・油地獄

しろ‐と【人】

しろうと」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android