コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒(ら)し アラシ

デジタル大辞泉の解説

あらし【荒(ら)し】

(名詞の下に付き、接尾語的に用いて)無法な行いや強引な振る舞いなどで、損害を与えたり迷惑をかけたりすること。また、その者。「道場荒らし」「ビル荒らし
電子掲示板(BBS)・チャットSNSなどインターネットを使ったコミュニケーションの場で、そこに集まる人々が不快に思う妨害行為を頻繁に行うこ。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

荒(ら)しの関連キーワードバルバロス・ハイレッディン・パシャステュンファロスの森の鳥竹本 綾之助(1代目)ハダン(哈丹)[元初]竹本 綾之助(初代)善くする・能くするアイランズ湾戦争アラリック1世西フランク王国ハルピュイアイピンダーリーアンドロメダ一立斎文車タラスコン道場荒らしクマノイ族バンダル族在す・坐すイサウリア藤原純友

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android