迷惑(読み)めいわく

精選版 日本国語大辞典「迷惑」の解説

めい‐わく【迷惑】

〘名〙
① (形動)(━する) どうしてよいかわからないで途方にくれること。困窮すること。とまどうこと。また、そのさま。〔法華義疏(7C前)〕
※平家(13C前)五「舞陽〈略〉、皇居に馴れざるが故に迷惑す」 〔管子‐明法解〕
② (形動) (━する) ある行為によって、負担を感じ、不快になること。また、そのさま。
(イ) 自分自身に及んだ結果そうなる場合。いやだ、断わりたい気持だ、などの気持を込めて用いる。
※謡曲・丹後物狂‐間狂言(1685)「さぞ花松殿は、ご迷惑に思しめさうずる」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「人をあやめれば人にも難義させ面々も迷惑するであるまいか」
(ロ) 相手に及んだ結果そうなる場合。気の毒である、申し訳ない、などの気持を込めて用いる。
※虎明本狂言・伯母が酒(室町末‐近世初)「此中は久しう御見廻も申さひで、めいわく致て御ざる」
③ ある行為の結果生ずる、不利益、負担など。
(イ) 自分の行為の結果が自分に及ぶ場合。
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)五「其者つよく御僉義の上、銀の有所まで白状申、(メイワク)におよぶ時、亭主御訴詔(そしゃう)申あげしは」
(ロ) 自分の行為の結果が相手に及ぶ場合。
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉一〇「所労の人に迷惑(メイワク)をかける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「迷惑」の解説

めい‐わく【迷惑】

[名・形動](スル)
ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快を感じたりすること。また、そのさま。「人に迷惑をかける」「迷惑な話」「一人のために全員が迷惑する」
どうしてよいか迷うこと。とまどうこと。
「一生の間煩悩の林に―し」〈倉田出家とその弟子
[派生]めいわくがる[動ラ五]めいわくげ[形動]めいわくさ[名]
[類語]不快不愉快不機嫌不興胸糞が悪い憮然仏頂面虫の居所が悪い風向きが悪いまがまがしいいまわしいいとわしいおぞましいうとましい忌む嫌い毛嫌い大嫌い食わず嫌いいけ好かない虫が好かないいや気に食わない犬も食わぬ憎い憎らしい憎たらしい憎憎しい苦苦しい腹立たしいいまいましい苦虫を噛み潰したよう苦り切る眉をひそめる鼻持ちならないうとむうとんずる嫌気忌避忌み嫌う煙たがる呪わしいきしょい気色が悪い気味が悪い気味悪い底気味悪い薄気味悪い鳥肌が立つ気持ち悪い虫唾むしずが走る反吐へどが出るきもいグロいおどろおどろしい不気味鼻に付くうっとうしいむかつくむしゃくしゃくしゃくしゃ薄ら寒いうそ寒い胸が悪い心外苛立たしいうらめしいしかめっ面渋面しぶつらしかめるひそめるひそみ顰蹙ひんしゅく苦る辟易うるさい嫌がる嫌気が差すいと蛇蝎視だかつし唾棄倦厭けんえん身の毛がよだつ総毛立つ背筋が寒くなる背筋が凍るぞっと肌にあわを生じる冷汗三斗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「迷惑」の解説

【迷惑】めいわく

惑わす。〔荘子、盗跖〕今、子(し)、の文王・武王)のを脩め、天下の辯を掌り、以て後世へ、衣淺帶、矯言(けうげん)僞行、以て天下の惑せしめ、而して富貴を求めんと欲す。

字通「迷」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android