荒い(読み)アライ

デジタル大辞泉の解説

あら・い【荒い】

[形][文]あら・し[ク]《「粗い」と同語源》
動きが大きく激しい。「波が―・い」「呼吸が―・い」
性格や言動にやさしさがなく粗暴である。激しい。「気性の―・い馬」「言葉が―・い」
けじめがない。度をこしている。「金遣いが―・い」「人使いが―・い」
荒れはてている。ととのえられないままになっている。
「岩が根の―・き島根に宿する君」〈・三六八八〉
[派生]あらさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらい【荒い】

( 形 ) [文] ク あら・し
〔「粗い」と同源〕
勢いがはげしい。強くはげしい。 「 - ・い波風」 「鼻息が-・い」 「波が-・い」
態度がおだやかでない。乱暴である。 「気性が-・い」 「語気-・く詰問する」
ていねいでない。やさしくない。 「言葉が-・い」 「人づかいが-・い」
節度がない。度をこしている。 「金遣いが-・い」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒いの関連情報