コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒河戸畔 あらかわとべ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒河戸畔 あらかわとべ

記・紀にみえる女性。
日本書紀」によれば,紀伊(きい)の人。娘の遠津年魚眼眼妙媛(とおつあゆめまくわしひめ)が崇神(すじん)天皇の妃となり,豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)と豊鍬入姫(とよすきいりひめの)命を生んだ。「古事記」には荒河刀弁,木(紀伊)国造(きのくにのみやつこ)とある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例