荒肝(読み)あらぎも

精選版 日本国語大辞典「荒肝」の解説

あら‐ぎも【荒肝】

〘名〙 (「荒」は、たけだけしいの意。一説に、「荒肝」の下に来る動詞を強める意とも) たけだけしい心。また、きも。肝魂(きもだましい)。どぎも。
雑俳・空つぶて(1712)「借銭に例のあらぎも出ぬ五郎」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android