荷積(読み)にづみ

精選版 日本国語大辞典「荷積」の解説

に‐づみ【荷積】

〘名〙 荷物を積むこと。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕
※日本読本(1887)〈新保磐次〉五「折り善く汽船が横浜より来りてここに積みするに逢ひ」

に‐づもり【荷積】

〘名〙 荷に作って積むこと。また、その状態。
※波形本狂言・柑子俵(室町末‐近世初)「買あつめた柑子は荷つもりがよふて皆馬に付て登せた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android