コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榴輝岩 リュウキガン

岩石学辞典の解説

榴輝岩

オンファサイト(omphacite,翡翠(ひすい) 輝石─透輝石系の輝石)とパイロープに富む石榴石からなる密度の大きい緻密な粒状の岩石で,時に層状で産出.岩石の化学組成は斑糲(はんれい)岩や玄武岩に近い[Hauy : 1822, Harker : 1932].初生的な鉱物には石英,藍晶石,エンスタタイト,橄欖(かんらん)石,ルチルなどがあり,構成する鉱物類は非常に高い圧力下で形成されたと考えられている.この岩石のオンファサイトは緑色角閃石に変わるものがあるため,かつて榴閃岩と命名されたことがあり,eclogiteを榴閃岩と訳したのは小川琢治と思われる[小川 : 1900].榴は石榴(ざくろ)石を,輝は輝石を,閃は角閃石を意味している.榴閃岩の名称は不適当である.ギリシャ語のeclogeは選択,選抜,えり抜きなどの意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうきがん【榴輝岩】

変成岩の一。塩基性岩で、完晶質粒状。主要構成鉱物は柘榴石ざくろいしと輝石。高圧型の変成帯に産する。地殻下部から上部マントルで安定した岩石。エクロジャイト。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

榴輝岩
りゅうきがん

エクロジャイト」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

榴輝岩
りゅうきがん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone