コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静圧 せいあつstatic pressure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静圧
せいあつ
static pressure

流体の圧力 p を,ベルヌーイの定理における動圧 ρq2/2 (ρは流体の密度,q流速の大きさ) と対比して,静圧という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐あつ【静圧】

流体中で、流れに平行に置かれた平面に垂直に働く圧力。静圧力。⇔動圧

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいあつ【静圧】

静止している流体の圧力。運動している流体では、流れに平行な面で測定される圧力。 ↔ 動圧

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静圧
せいあつ

物体に外から力を加えると、それに反発する応力が発生するが、流体の場合、加えられた力の向きに反対方向に応力が働く。これを圧力とよび、流体の運動状態にかかわりなく、また考える流体の面の選び方によらず一定値をとる。これを静圧とよび、ベルヌーイの定理
  p+(1/2)ρv2=一定
に出てくる圧力pのことである。静圧に対し動圧は(1/2)ρv2の項であり、この二つの圧力を足し合わせたものが総圧である。静圧を測るには、静圧管とよばれる器具が用いられる。これは、流れを乱さないような滑らかな管を流れに平行に置き、管の側壁に小さな穴をあけ、空気を通して連通管の一方の管へその圧力が伝わるようにくふうされている。総圧は、管中の流れを止めた点(よどみ点)での圧力だから、よどみ圧ともよばれている。総圧と静圧を同時に測れるようくふうされているのがピトー静圧管である。[池内 了]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

静圧の関連キーワードキャビテーションベンチュリー管ジャーナル軸受動力変成作用風圧型風速計オイルリフト荷重変成作用マイクロホンスラスト軸受ブースト圧力流体変速装置すべり軸受流体圧力浸透圧計空気軸受宇宙合金よどみ点マッハ計静圧軸受気体軸受

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静圧の関連情報