コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷電 かでんcharge; charged

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荷電
かでん
charge; charged

物体が電荷を帯びていること。すなわち帯電と同義に用いて荷電粒子とか荷電雲などという。また素粒子論では電荷と同義に用いて荷電空間とか荷電対称などという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐でん【荷電】

電荷」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

荷電【かでん】

電荷

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

荷電の関連キーワードラザフォード散乱分光学チェレンコフカウンターローレンツの電子理論サイクロトロン運動ポーラログラフィーサイクロトロン放射タウンゼンド係数シンチレーションウィルソンの霧箱双極子モーメントレプトン数保存則中性パイ中間子ラーモアの定理ドンナン膜平衡ローレンツの力固体プラズマチャージーノホドスコープクーロン散乱電磁相互作用

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android