コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷電 かでんcharge; charged

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荷電
かでん
charge; charged

物体が電荷を帯びていること。すなわち帯電同義に用いて荷電粒子とか荷電雲などという。また素粒子論では電荷と同義に用いて荷電空間とか荷電対称などという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐でん【荷電】

電荷」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

荷電【かでん】

電荷

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

荷電の関連キーワードヴェーバーの法則(電磁気学)ブラッグの法則(粒子阻止能)ベーテ‐ハイトラーの公式チェレンコフカウンターローレンツの電子理論サイクロトロン運動サイクロトロン放射ウィルソンの霧箱双極子モーメントタウンゼンド係数イオンロケットラーモアの定理チャージーノラーモア回転ドンナン効果クーロン散乱ホドスコープアイソスピンデバイ距離原子核乾板

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荷電の関連情報