コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻伏 おぎふし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荻伏
おぎふし

北海道中南部、日高振興局管内の浦河(うらかわ)町の一地区。1956年(昭和31)浦河町に編入。町の西部、元浦川流域に1882年(明治15)開拓団体赤心(せきしん)社の80余名が入植、キリスト教を精神的支柱とし、開拓に成功した地。[柏村一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の荻伏の言及

【浦河[町]】より

…町域は日高山脈の南斜面にあたる。1807年(文化4)荻伏(おぎふし)に会所が置かれ,南部藩兵300人が駐在したことがある。本格的な農業開拓は,神戸に設立されたキリスト教系の開拓団体赤心社による81年以降の入植に始まった。…

※「荻伏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荻伏の関連キーワード浦河[町]浦河(町)浦河町神威岳

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android