コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻伏 おぎふし

1件 の用語解説(荻伏の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荻伏
おぎふし

北海道中南部、日高振興局管内の浦河(うらかわ)町の一地区。1956年(昭和31)浦河町に編入。町の西部、元浦川流域に1882年(明治15)開拓団体赤心(せきしん)社の80余名が入植、キリスト教を精神的支柱とし、開拓に成功した地。[柏村一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の荻伏の言及

【浦河[町]】より

…町域は日高山脈の南斜面にあたる。1807年(文化4)荻伏(おぎふし)に会所が置かれ,南部藩兵300人が駐在したことがある。本格的な農業開拓は,神戸に設立されたキリスト教系の開拓団体赤心社による81年以降の入植に始まった。…

※「荻伏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone