コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅谷北斗星 すがや ほくとせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅谷北斗星 すがや-ほくとせい

1895-1962 昭和時代の将棋観戦記者。
明治28年11月27日生まれ。観戦記で活躍していた大崎熊雄の助手をへて,昭和2年将棋観戦専門記者として読売新聞に入社。12年の坂田三吉木村義雄の京都南禅寺決戦をはじめ,おおくの観戦記,随筆を手がけた。昭和37年1月21日死去。66歳。栃木県出身。早大卒。本名は要。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅谷北斗星の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android