コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村義雄 きむら よしお

美術人名辞典の解説

木村義雄

将棋棋士将棋第十四世名人。東京生。関根金次郎に入門。第一期名人戦で名人位を獲得し、通算八期保持。引退してから十四世名人を襲位した。紫綬褒章受章。昭和61年(1986)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きむら‐よしお〔‐よしを〕【木村義雄】

[1905~1986]将棋棋士。14世名人。東京の生まれ。13世名人関根金次郎に入門。関根の世襲名人位返上に伴う実力名人戦により昭和12年(1937)第1期名人となり、通算8期にわたって名人位を保持。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

木村義雄【きむらよしお】

将棋棋士。東京生れ。関根金次郎門下。1938年2月,選手権制による初の名人となり,1947年塚田正夫に敗れるまで5期にわたって名人位を保持,その後再び第8〜10期名人となる。
→関連項目升田幸三

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村義雄 きむら-よしお

1905-1986 大正-昭和時代の将棋棋士。
明治38年2月21日生まれ。大正5年関根金次郎に入門し,15年8段。昭和13年短期実力名人制の第1期名人となり,以後5期連続をふくむ通算8期名人位を保持。27年に引退して14世名人位をおくられた。昭和61年11月17日死去。81歳。東京出身。慶応普通部中退。著作に「将棋大観」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きむらよしお【木村義雄】

1905~1986) 棋士。東京生まれ。1937年(昭和12)第一期名人となり五期10年間保持。52年大山康晴に敗れて現役を引退し、一四世名人を襲位した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村義雄
きむらよしお

[生]1905.2.21. 東京
[没]1986.11.17. 東京
将棋棋士。 14世名人。関根金次郎 13世名人門下。 1926年8段に昇進。 37年実力名人制の第1期名人の座につく。以来 10年間,常勝無敵名人として君臨した。第2次世界大戦後 47年塚田正夫8段の挑戦に敗れて名人位を一時失ったが,49年に奪還,52年大山康晴8段 (のちの 15世名人) に敗れ,現役を退いた。 60年紫綬褒章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村義雄
きむらよしお
(1905―1986)

将棋棋士。東京・江東区の生まれ。1916年(大正5)関根金次郎13世名人に入門。20年四段、以後抜群の成績で22歳八段。35年(昭和10)師の関根の世襲名人位開放に伴う実力名人戦で八段中の首位になり、37年第1期名人、以来10年間無敵名人として木村時代を築いた。将棋大成会時代の会長としても棋界を統率、隆盛に導いた。第二次世界大戦後の47年(昭和22)に第6期名人戦で塚田正夫八段に敗れて名人位を失ったが、49年の第8期に奪回した。52年第11期名人戦に大山康晴(やすはる)八段に敗れ、現役を退き14世名人を襲位した。60年紫綬褒章(しじゅほうしょう)受章。78年勲三等旭日(きょくじつ)中綬章の叙勲を受けた。門下は板谷(いたや)四郎、花村元司(もとじ)両九段、北楯修哉(きただてしゅうや)八段ら。[原田泰夫]
『木村義雄他監修『木村義雄』(『日本将棋大系 第15巻』1980・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の木村義雄の言及

【将棋】より

…1919年のラジオによる対局放送と,29年からの東京中央放送局の〈ラジオ将棋速成講座〉開始も将棋の普及に大いに役だった。実力名人位決定戦は多数の愛好者の注目のうちに木村義雄が優勝し,38年初代の実力名人誕生となった。以後木村が優勝を続け,第2次大戦が終わった直後まで名人の座にあった。…

※「木村義雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木村義雄の関連キーワードNHK杯将棋トーナメント順位戦と永世名人土居 市太郎木村 武千代花田 長太郎関根 金次郎菅谷 北斗星芹沢 博文木村 義雄大山 康晴土居市太郎塚田 正夫花田長太郎神田辰之助金子金五郎菅谷北斗星昭和時代阪田三吉永世名人大橋宗桂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木村義雄の関連情報