コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村義雄 きむら よしお

7件 の用語解説(木村義雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

木村義雄

将棋棋士。将棋第十四世名人。東京生。関根金次郎に入門。第一期名人戦で名人位を獲得し、通算八期保持。引退してから十四世名人を襲位した。紫綬褒章受章。昭和61年(1986)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きむら‐よしお〔‐よしを〕【木村義雄】

[1905~1986]将棋棋士。14世名人。東京の生まれ。13世名人関根金次郎に入門。関根の世襲名人位返上に伴う実力名人戦により昭和12年(1937)第1期名人となり、通算8期にわたって名人位を保持。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木村義雄【きむらよしお】

将棋棋士。東京生れ。関根金次郎門下。1938年2月,選手権制による初の名人となり,1947年塚田正夫に敗れるまで5期にわたって名人位を保持,その後再び第8〜10期名人となる。
→関連項目升田幸三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村義雄 きむら-よしお

1905-1986 大正-昭和時代の将棋棋士。
明治38年2月21日生まれ。大正5年関根金次郎に入門し,15年8段。昭和13年短期実力名人制の第1期名人となり,以後5期連続をふくむ通算8期名人位を保持。27年に引退して14世名人位をおくられた。昭和61年11月17日死去。81歳。東京出身。慶応普通部中退。著作に「将棋大観」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

きむらよしお【木村義雄】

1905~1986) 棋士。東京生まれ。1937年(昭和12)第一期名人となり五期10年間保持。52年大山康晴に敗れて現役を引退し、一四世名人を襲位した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村義雄
きむらよしお

[生]1905.2.21. 東京
[没]1986.11.17. 東京
将棋棋士。 14世名人。関根金次郎 13世名人門下。 1926年8段に昇進。 37年実力名人制の第1期名人の座につく。以来 10年間,常勝無敵名人として君臨した。第2次世界大戦後 47年塚田正夫8段の挑戦に敗れて名人位を一時失ったが,49年に奪還,52年大山康晴8段 (のちの 15世名人) に敗れ,現役を退いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村義雄
きむらよしお
(1905―1986)

将棋棋士。東京・江東区の生まれ。1916年(大正5)関根金次郎13世名人に入門。20年四段、以後抜群の成績で22歳八段。35年(昭和10)師の関根の世襲名人位開放に伴う実力名人戦で八段中の首位になり、37年第1期名人、以来10年間無敵名人として木村時代を築いた。将棋大成会時代の会長としても棋界を統率、隆盛に導いた。第二次世界大戦後の47年(昭和22)に第6期名人戦で塚田正夫八段に敗れて名人位を失ったが、49年の第8期に奪回した。52年第11期名人戦に大山康晴(やすはる)八段に敗れ、現役を退き14世名人を襲位した。60年紫綬褒章(しじゅほうしょう)受章。78年勲三等旭日(きょくじつ)中綬章の叙勲を受けた。門下は板谷(いたや)四郎、花村元司(もとじ)両九段、北楯修哉(きただてしゅうや)八段ら。[原田泰夫]
『木村義雄他監修『木村義雄』(『日本将棋大系 第15巻』1980・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の木村義雄の言及

【将棋】より

…1919年のラジオによる対局放送と,29年からの東京中央放送局の〈ラジオ将棋速成講座〉開始も将棋の普及に大いに役だった。実力名人位決定戦は多数の愛好者の注目のうちに木村義雄が優勝し,38年初代の実力名人誕生となった。以後木村が優勝を続け,第2次大戦が終わった直後まで名人の座にあった。…

※「木村義雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木村義雄の関連キーワードアルキル基階乗スターリングの補間公式リーマン幾何学エヌ没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木村義雄の関連情報