菊五郎縞(読み)キクゴロウジマ

デジタル大辞泉の解説

きくごろう‐じま〔キクゴラウ‐〕【菊五郎×縞】

浴衣(ゆかた)・手拭(てぬぐ)いなどに用いられる格子縞の一種。歌舞伎役者の3世尾上菊五郎が用いて流行したもの。4本と5本の筋を組み合わせた格子の中に「キ」と「呂」の文字を交互に配し、四と五を加えた九筋の「ク」、五筋の「ゴ」で「キクゴ呂」と読ませた。菊五郎格子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きくごろう‐じま キクゴラウ‥【菊五郎縞】

〘名〙 手拭(てぬぐい)や浴衣(ゆかた)などに用いられる格子縞(こうしじま)の一種。歌舞伎俳優三代目尾上菊五郎が用いて、世に広まったもので、四本の縞と五本の縞とを格子に組み、その目に「キ」の字と「呂」の字とを交互に置いて「キ九五呂」とし、菊五郎の名を表わした。菊五郎格子。菊五郎染め。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android