コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊五郎格子 きくごろうごうし

大辞林 第三版の解説

きくごろうごうし【菊五郎格子】

四本と五本の縞の格子の目に「キ」と「呂」の字を交互に入れた模様。「キ九五呂」に菊五郎をかけたもの。三代目尾上菊五郎の考案という。浴衣ゆかた地などに用いる。菊五郎縞。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊五郎格子
きくごろうごうし

歌舞伎(かぶき)役者、尾上(おのえ)菊五郎にちなんだ判じ模様。4本の筋(すじ)と5本の筋を組み合わせた格子の中に、「キ」と「呂(ろ)」の文字を配し、4と5を加えた九筋の「ク」、五筋の「ゴ」をつけて「キクゴロ」と読ませた。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

菊五郎格子の関連キーワード役者染め・役者染志村 立美子母沢寛菊五郎縞菊五郎役者染

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android