コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊五郎格子 きくごろうごうし

大辞林 第三版の解説

きくごろうごうし【菊五郎格子】

四本と五本の縞の格子の目に「キ」と「呂」の字を交互に入れた模様。「キ九五呂」に菊五郎をかけたもの。三代目尾上菊五郎の考案という。浴衣ゆかた地などに用いる。菊五郎縞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊五郎格子
きくごろうごうし

歌舞伎(かぶき)役者、尾上(おのえ)菊五郎にちなんだ判じ模様。4本の筋(すじ)と5本の筋を組み合わせた格子の中に、「キ」と「呂(ろ)」の文字を配し、4と5を加えた九筋の「ク」、五筋の「ゴ」をつけて「キクゴロ」と読ませた。村元雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

菊五郎格子の関連キーワード役者染め・役者染志村 立美子母沢寛菊五郎縞菊五郎役者染

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android