コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菟名手 うなて

1件 の用語解説(菟名手の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菟名手 うなて

古代伝承上の豪族。
国前(くにさき)氏,豊国氏の祖。景行天皇が九州遠征の途中,周防(すおう)の娑麼(さば)(山口県防府市か)で敵の煙をみつけたとき,菟名手はほかの2名と情勢をさぐった。のち天皇から豊国(大分県と福岡県の一部)の支配権と豊国の氏をさずけられたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

菟名手の関連キーワード阿曇百足兄太加奈志大新河命国摩侶黒田別浦東君神部忍物部小前物部豊日

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone