(読み)スイ

精選版 日本国語大辞典の解説

すい【萃】

〘名〙 易の六十四卦の一つ、。上卦は兌(だ)(沢)、下卦は坤(こん)(地)。沢地萃ともいう。萃は集まる意。君と宰相(上卦の二陽)のもとに天下の民が集まり帰する象。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

萃の関連情報