六十四卦(読み)ろくじゅうしけ

精選版 日本国語大辞典「六十四卦」の解説

ろくじゅうし‐け ロクジフ‥【六十四卦】

〘名〙 で、八卦(はっけ)を二ずつ重ねることによって得た六四の卦の総称。中国伝説上の皇帝伏羲が八卦を劃し、周の文王がそれを重ねて六十四卦としたと伝えられる。易経はこの六十四卦から成り、上三十卦、下経三十四卦に分ける。すなわち、乾・坤・・蒙・需・訟・師・比・小畜・・泰・・同人・大有・謙・・随・・臨・観・噬嗑・賁・剥・復・无妄・大畜・頤・大過・坎・離・咸・・大壮・晉・明夷・家人・睽・・解・損・益・夬・姤・・升・・井・革・鼎・震・艮・漸・帰妹・・旅・巽・兌・渙・節・中孚・小過・既済・未済の総称。
※本朝文粋(1060頃)七・贈藤原行成状〈大江匡衡〉「易六十四卦、決屯蒙於儒人、詩三百五篇、致諷喩於帝者」 〔史記‐周本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

占い用語集「六十四卦」の解説

六十四卦

この世の森羅万象を表すとされる「八卦」を上下に二つ重ね合わせたもの。周易では、この「六十四卦」の卦辞などから、様々な事象を占っていく。六つの爻で構成されており、各爻は一番下から初爻、二爻、三爻、四爻、五爻、上爻と呼ばれる。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

デジタル大辞泉「六十四卦」の解説

ろくじゅうし‐け〔ロクジフシ‐〕【六十四×卦】

で、八卦はっけを二つずつ組み合わせてできる64の卦。「易経」は、この六十四卦の占い解釈を記している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android