萍水相逢う(読み)ヘイスイアイアウ

デジタル大辞泉の解説

萍水(へいすい)相逢(あいあ)う

王勃「滕王閣序」から》根のない浮き草と流れつづける水とが出会う。旅に出ている者どうしが偶然知り合いになることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいすいあいあう【萍水相逢う】

流浪の者どうしが偶然に知り合う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へいすい【萍水】 相逢(あいあ)

(浮草と水とが出会う意から) 流浪している者同士が、偶然に知りあいになる。〔文明本節用集(室町中)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録一「萍水相逢異郷天」 〔王勃‐秋日登洪府滕王閣餞別序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android