コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萎ちょう病(アルファルファ)

1件 の用語解説(萎ちょう病(アルファルファ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

萎ちょう病(アルファルファ)

北海道で発生し、株の萎凋を引き起こす糸状菌病。初め葉が黄化し、先端が萎凋する程度であるが、徐々に病状が茎全体に及ぶ。この時二次根の発達が悪く、主 根の中心部は冠根部から根の先端まで褐変する。病勢が進むと、再生不良となり、徐々に衰弱枯死し、草地の衰退の原因となる。病原菌はアカクローバも侵し、 沖積土壌に比べ火山灰土壌で発生が多いとされる。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萎ちょう病(アルファルファ)の関連キーワード事を起こす掻き起す条件刺激葉枯病(フェスク)斑点病(レッドトップ)赤斑病(レッドトップ)褐斑病(ブルーグラス)雪腐褐色小粒菌核病(ベントグラス)雪腐黒色小粒菌核病(ベントグラス)根腐病(トレフォイル)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone