コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萎ちょう病(アルファルファ)

飼料作物病害図鑑の解説

萎ちょう病(アルファルファ)

北海道で発生し、株の萎凋を引き起こす糸状菌病。初め葉が黄化し、先端が萎凋する程度であるが、徐々に病状が茎全体に及ぶ。この時二次根の発達が悪く、主 根の中心部は冠根部から根の先端まで褐変する。病勢が進むと、再生不良となり、徐々に衰弱枯死し、草地の衰退の原因となる。病原菌はアカクローバも侵し、 沖積土壌に比べ火山灰土壌で発生が多いとされる。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android