コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原麻未 はぎわらまみ

2件 の用語解説(萩原麻未の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

萩原麻未

広島県出身のピアニスト。1986年12月2日生まれ。現在はフランスのパリを拠点に活動中。幼い頃より感情あふれる演奏が特徴で、2010年ジュネーブ国際音楽コンクールピアノ部門で日本人で初の優勝を果たした。
ジュネーブ国際音楽コンクールは、1939年からスイスのジュネーブで開催されており、3大ピアノコンクール(ショパン国際ピアノコンクール、エリザベート王妃国際音楽コンクール、チャイコフスキー国際コンクール)に次ぐ権威のあるコンクールの1つ。若手音楽家登竜門と言われている。審査が厳しいことでも有名で、該当者がいない場合授賞を見送る場合もある。過去8年間、ピアノ部門からは優勝者が出ていなかった。
5歳から本格的にピアノを習い始め、数カ月後には広島県三原市開かれた「みはらジュニアピアノコンクール」で優勝。小学6年生で国内有数のコンクール「ピティナ・ピアノコンペティション」で金賞受賞、中学2年生でイタリアの「フィナーレ・リーグレ国際コンクール」のピアノ部門1位のパルマ・ドーロ賞を受賞した。
18歳のとき、映画化もされ話題になったマンガ「のだめカンタービレ」の主人公である女性ピアニスト野田恵(のだめ)が留学したパリ国立高等音楽院に進学。修士課程を首席で卒業した。本人も同マンガのファンで、マスコミなどでは「リアルのだめ」とも言われている。

(富岡亜紀子  ライター / 2010年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原麻未 はぎわら-まみ

1986- 平成時代のピアニスト。
昭和61年12月2日生まれ。5歳でピアノをはじめ,小嶋泰子,クラウディオ・ソアレスらに師事。平成8年(小学6年)でピティナ・ピアノコンペティションで金賞。12年(中学2年)イタリアのフィナーレ・リーグレ国際コンクールピアノ部門1位パルマドーロ賞。22年パリ国立高等音楽院修士課程を首席で卒業,同年ジュネーブ国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人初の1位優勝をはたした。同コンクールは該当者がなければ優勝者を出さないことで知られ,彼女の1位優勝はピアノ部門では8年ぶり。24年出光音楽賞。広島県出身。広島音楽高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

萩原麻未の関連キーワードピアニストアントン井口秋子金沢孝次郎豊増昇ダルベールチェルニー(ツェルニー)レーヴローゼンハイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

萩原麻未の関連情報