コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落ち足 オチアシ

デジタル大辞泉の解説

おち‐あし【落ち足】

戦いに負けて逃げ落ちていくこと。また、その時。敗走。
「一ノ谷の―屋島の―にも爰にては次信、かしこにては忠信と名乗って」〈幸若・屋島軍
川の水が引くこと。また、その時。
「水の―をやまつべき」〈平家・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おちあし【落ち足】

戦いに負けて逃げて行くこと。敗走。 「四国八島の-に/浄瑠璃・吉野忠信」
水が引くこと。また、その時。減水。 「水の-や待つべき/平家 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

落ち足の関連キーワード屋島をや

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

落ち足の関連情報