コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落折 おちおり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落折
おちおり

鳥取県東部、八頭(やず)郡若桜(わかさ)町の一地区。平家村と称される。国道29号沿いの戸倉(とくら)峠の麓(ふもと)にあり、平経盛(つねもり)の隠遁(いんとん)した地と伝えられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の落折の言及

【戸倉峠】より

…標高約920m。鳥取県側の八頭(やず)郡若桜(わかさ)町に,平家落人伝説をもつかつての木地師集落の落折(おちおり)があり,兵庫県側には宍粟(しそう)郡波賀町に属する麓集落の戸倉がある。1581年(天正9)豊臣秀吉は鳥取攻略にさいしてこの峠から侵入した。…

※「落折」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

落折の関連キーワード若桜(町)若桜町若桜

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android